上村淳之『春禽』

上村淳之『春禽』
上村淳之『春禽』
上村淳之『春禽』
上村淳之『春禽』
上村淳之『春禽』
上村淳之『春禽』
上村淳之『春禽』
上村淳之『春禽』
上村淳之『春禽』
上村淳之『春禽』
商品番号:上村淳之『春禽』

上村淳之『春禽』

¥220,000(税込)
数量

【作品名】春禽
【技 法】リトグラフ
【サイズ】イメージサイズ46.5×62.5
      額サイズ67.5×83.0
【E  D】25/250

松園、松篁、淳之と三代続く日本画家の家系。
父松篁同様花鳥画を描く。自宅には数百羽の小鳥を飼い日々観察している。

1933年 京都市中京区に生まれる。
1957年 京都市立美術大学日本画科を卒業
1959年 京都市立美術大学専攻科を修了する。
1961年 京都市立美術大学助手となる。
1968年 新制作協会第32回展に「緋縅綬鶏」「火鶏」を出品、新作家賞を受賞。
1978年 第5回創画展 創画会賞を受賞し文化庁買い上げとなる。
1984年 京都市立芸術大学教授となる。
1992年 京都府文化功労賞受賞。
1995年 創画展出品作品の「雁金」が日本芸術院賞。
1999年 京都市立芸術大学副学長に就任。
2005年 創画会理事長に就任。
2010年 平城京跡第一次大極殿内壁画を制作。
2013年 文化功労者に顕彰される。