部屋に飾る絵をお探しなら!油絵ってなに?

部屋に飾るアート作品をお探しなら!知っておきたい油絵について

部屋に飾る絵をお探しなら、有名な技法の一種である油絵もおすすめです。油絵には水彩画や版画などとは異なる特徴があります。

油絵と他の作品の最も大きな違いは、使われる画材にあります。

油絵を描くのに必要なものとは?油絵の名作も解説

壁に筆で色を塗る作家

西洋絵画は油絵が一般的です。

絵を描くための絵の具というと、水彩絵の具やアクリル絵の具が多用されますが、油絵に使われる油絵の具は、他の絵の具とは違う特徴をもちます。

油絵は顔料と呼ばれる粉末を油で練り、これをキャンバスなどに乗せていくという方法で描かれた絵画です。

顔料は粉末状になっており、黄色や緑、青や赤などたくさんのカラーがあります。

その素材は様々で、例えばイエローオーカーという色は黄土から、コバルトブルーは金属の合成物から作られています。他にも、土や花、鉱物や動物の骨などが素材となります。

顔料を練るときの油には、乾性油というものが使われます。乾性油は空気に触れると固まる性質があるため、キャンバスに乗せると少しずつ定着するのです。

油絵は平坦に塗ることもありますが、多くの場合は厚く塗り上げて仕上げていきます。重ねるようにして厚く塗ることで、重厚感のある絵に仕上がるのです。

油絵の具は、乾く前であれば布で拭ったり画用液を使ったりといった方法で除去することができます。自由に修正ができるのも、油絵ならではの特徴です。

また、油絵には、他の種類の絵の具を使って描かれた作品とは異なる独特の風合いがあります。

油絵の具に使われる乾性油は、顔料を含んだ状態で固まりますが、固まったときに絵の具が痩せたり量が減ったりすることはありません。

乾性油が顔料を包み込んだような立体的な状態で定着するのです。

固まった乾性油は塗膜のような状態となり、やや黄色みがかったツヤを発します。油絵に光が当たると、塗膜に当たる光の屈曲率によって複雑な輝きが生まれます。

油絵を眺めていると独特の輝きや深みを感じることがありますが、これは油絵の具に含まれる乾性油の屈曲がもたらす効果なのです。

画家によって顔料の選び方や絵の描き方、溶き油の使い方は異なるため、絵画の雰囲気も大きく変わってきます。油絵の具をたっぷりと使って描かれた絵は立体的に仕上がります。

反対に、印象派の絵の一部は油分が少なく、さっぱりと乾いたイメージとなっていることもあります。

油絵の技法が登場したのは今から600年ほど前で、15世紀に活躍した画家ファン・エイクが開発したとされています。

ファン・エイクは、「ターバンの男の肖像」など数多くの作品を生み出したことで知られる画家です。

油絵で描かれた有名作品は、ほかにも数多くあります。特によく知られているのは、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」や、フィンセント・ファン・ゴッホの「星月夜」などです。

ゴッホの油絵は、油絵の具を活かした厚みのあるタッチと鮮やかな色彩が特徴的です。

ブリューゲルの「バベルの塔」、アニメ「フランダースの犬」に登場するルーベンスの「聖母被昇天」なども、油絵で描かれています。

光の描き方が秀逸と評価されるレンブラントの「夜警」、カラヴァッジョ「ホロフェルネスの首を斬るユディト」、クロード・モネ「パラソルを差す女」なども有名です。

油絵に興味をお持ちでしたら、ぜひギャラリーシーズでお買い求めください。

有名作家から若手作家まで、幅広い作家のアート作品を取り扱っております。通販もございますので、ぜひチェックしてみてください。

部屋に飾るおしゃれな油絵をお探しなら

マグカップを片手にノートパソコンを見つめる男女

油絵は顔料を乾性油で練ってキャンバスに乗せるという特殊な方法で描かれます。

立体感が出やすく、乾性油のツヤによって深みを感じられるのが油絵の大きな特徴です。

長い歴史がある技法である油絵は、今なお多くの人に愛されています。

世界中の有名画家による油絵作品は、各地の美術館などに残されています。ぜひ足を運び、その奥深い絵画の味わいを心ゆくまで鑑賞してみましょう。

現代においても、ハイクオリティな油絵の作品を発表する画家やアーティストは多いものです。

アート作品は住宅のインテリアとしても活用できるので、お気に入りの油絵を探してみてはいかがでしょうか。

アート作品をご自宅に飾ろうとお考えの方は、ぜひギャラリーシーズをご利用ください。

ギャラリーシーズでは、油彩や水彩画、版画など様々なアート作品を数多くご用意しております。心が惹かれる作品を見つけて、ぜひ部屋に飾ってみてください。

部屋に飾るおしゃれな絵をお探しならギャラリーシーズへ

会社名 有限会社ギャラリーシーズ
サービス名 画廊 ギャラリーシーズ
代表者 久木 佐知子
創業 1991年4月
住所 〒070-0832 北海道旭川市旭町2条3丁目11−31
電話番号 0166-53-8886
FAX 0166-51-0990
MAIL info@g-shes.com
URL https://www.g-shes.com
営業時間 AM11:00 – PM6:00
定休日 火曜日
アクセス
■旭川市内循環バス
・旭町2条4丁目バス停下車 徒歩1分
・大町1条3丁目バス停下車 徒歩2分
■自家用車・タクシー
・旭川駅より 車で15分
・旭川空港より 車で40分

※セブンイレブン裏にギャラリーシーズ(一久大福堂)駐車場がごございますので、ご利用ください。

事業内容
  1. 絵画、彫刻、版画等の美術品の販売、買取り、展覧会企画
  2. アート・マネージメント
  3. 上記に関る一切の業務
  4. 古物商業
  5. 不動産の賃貸およびその仲介
資格 北海道公安委員会 第123010000491号