現代日本を代表する木口木版画の第1人者。
雁皮紙(和紙)に、木口木版で作成した精密な複数の版木を組み合わせた空間表現が特徴。
「鏡貼り」の手法等を駆使することにより作品の大型化を実現した。


1944年 島根県に生まれる
1969年 洋画家・宮永岳彦に師事。油彩や板目木版に取り組む
1975年 独学で木口木版による制作を始める。
1977年  版画大賞展優秀賞受賞
1982年  ソウル国際版画ビエンナーレ展大賞受賞
1989年  和歌山県版画ビエンナーレ展優秀賞受賞(91、93年にも)
1988年  高知国際版画トリエンナーレ展大賞受賞
1989年  ギャラリーシーズで個展開催(98、01、04年も)
1997年  大阪トリエンナーレ版画銀賞受賞
2006年  紫綬褒章受章
2016年  第8回レオナルド・シャーシャ記念版画大賞(イタリア)で大賞を受賞。
2019年 旭日小綬章受章

対象商品:1件
  • 表示切替