古文化財の保存と修復の経験に基づく確かな技術を駆使した木彫作品を通じて、日本人の心象風景や東洋的自然観を暖かく穏やかな造形で表現している。
代表的キャラクターである「童子」は、彼らを通じて仏教的世界観やアニミズム的生命観を表現している。


1953年 大阪市に生まれる
1978年 東京芸術大学美術学部彫刻科卒業
1980年 同大学大学院美術研究科(彫刻専攻 澄川喜一研究室)修了
1982年 同大学保存修復技術研究室助手を1987年まで勤める
   (その間、奈良市新薬師寺地蔵菩薩立像(影清地蔵)、新座市平林寺十六羅漢像等の修復に携わる。)
1988年 第11回神戸須磨離宮公園現代彫刻展 兵庫県立近代美術館賞受賞
1997年 第17回現代日本彫刻展宇部興産株式会社賞(宇部市野外彫刻美術館)
2002年 「大仏開眼1250年奉賛籔内佐斗司in東大寺~太陽と華と」展(東大寺)
2003年 第21回平櫛田中賞受賞
2004年 東京藝術大学大学院 文化財保存学教授に就任
2008年 The International Asian Art Fair(NY)出展
    平城遷都1300年祭(奈良)公式マスコットキャラクター「せんとくん」発表

対象記事:1件
薮内佐斗司『おきあがり童子』
薮内佐斗司『おきあがり童子』

【作品名】おきあがり童子 【技  法】銅版画 【サイズ】イメージサイズ29.0× […]