1958年 東京都に生まれる。
1982年 東京藝術大学 美術学部絵画科 日本画専攻を卒業。
1984年 東京藝術大学 大学院修士課程修了。
1987年 東京藝術大学 大学院博士課程修了。
1995年 第46回 ヴェネツィアビエンナーレ(イタリア)絵画部門にて東洋人として初めて名誉賞を受賞。
1998年 広島市現代美術館収蔵の「八月の空と雲」に対し紺綬褒章を賜る。
2000年 「両洋の眼展/21世紀の絵画」に出品の作品「ライフ」に対し河北倫明賞を受賞。
2002年 第13回 MOA岡田茂吉賞大賞を受賞。
2003年 グランドハイアット東京に「ウォーターフォール」壁画を制作。大徳寺聚光院別院襖絵が完成。
2004年 東京国際空港 第2旅客ターミナルのアートディレクションを担当。
2007年 松風荘(フィラデルフィア・アメリカ)に襖絵20点を奉納。京都造形芸術大学の学長に就任。
2008年 赤坂サカス赤坂Bizタワーの壁画「四季樹木図」を制作。
2010年 東京国際空港新国際線ターミナルのアートディレクションを担当。
2011年 JR博多駅のアートディレクションを担当。軽井沢千住博美術館が開館。
2012年 OUBセンター(シンガポール) 壁画が完成。
2013年 回向院(両国・東京)の新障壁画完成。大徳寺聚光院(本院、別院)襖絵完成
2015年 京都造形芸術大学学長、ヴァン・クリーフ&アーペル芸術学校(レコール)マスターズコミッティー委員。公益財団法人徳川ミュージアム相談役。
2016年 大徳寺聚光院創建450年を記念して、奉納した襖絵を狩野永徳の国宝障壁画、重要文化財の茶室「閑隠席」とともに2017年3月26日まで特別公開。平成28年度外務大臣表彰受賞。
2017年 第4回イサム・ノグチ賞受賞。

対象記事:3件