昭和の日本画壇を代表する日本画家。
文化勲章作家。
山野や森を中心に日本の原風景を多数描いた。
静謐で、詩情あふれる画面は見るものを幻想の世界へといざなう。


1908年 横浜市に生まれる
1931年 東京美術学校日本画科を卒業
1933年 ヨーロッパ美術研究のため渡欧(35年帰国)
1943年 川崎小虎、山本丘人と国土会を結成
1956年 「光昏」で日本芸術院賞受賞 
1960年 東宮御所壁画「日月四季図」完成 
1961年 宮内庁依頼による吹上御所に飾る「萬緑新」完成 
1965年 日本芸術院会員に推挙
1969年 文化勲章を受章し、文化功労者に選ばれる
1974年 日展理事長就任
1975年 唐招提寺障壁画「山雲」「濤声」が完成
1981年 鑑真和上厨子絵「瑞光」完成
1990年 長野市に東山魁夷館開館
1999年 91才で没  勲一等瑞宝賞を受賞

オンラインギャラリーを観る

対象記事:2件