山本美和『ヴェレゾンの夜』

山本美和『ヴェレゾンの夜』
山本美和『ヴェレゾンの夜』
山本美和『ヴェレゾンの夜』
山本美和『ヴェレゾンの夜』
  • 新着商品
商品番号:山本美和『ヴェレゾンの夜』

山本美和『ヴェレゾンの夜』

¥105,600(税込)
数量

姉夫妻が経営する、日本最北のワイナリー「森臥」のデザイン担当。
ボトルデザインを含め、ワイン畑の四季の作品を近年発表し評価を得る。

■ 略歴 ■
2016年  第42回朔北美術協会賞受賞
2017年  第72回新ロマン派美術協会賞受賞(18年も)
2018年  道銀稚内支店ミニギャラリー2018.7月展( 稚内 )
     第93回道展入選
2019年  Miwa Yamamoto 2019作品展( 北星信用金庫様レンガの家きらり・名寄 ) 
2020年  道銀稚内支店ミニギャラリー2020.10月展(稚内)
  山本美和Prologue展(新ロマン派美術協会第74回ギャラリーJin賞展・ 旭川 )
2021年  北星信用金庫創立70周年記念展Prologue 2( 名寄6月29~7月4日まで) 
現在   名寄市在住

【作品名】ヴェレゾンの夜
【技 法】アクリル・キャンバス
【サイズ】8F

■作家コメント
赤ブドウが色づいていく時期をヴェレゾンと呼ぶ。8月の終わりから9月にかけておおよそ一週間ほど。
初めてヴェレゾンを見た時、その可愛さに何十枚と写真を撮り、翌日もその翌日も畑に通った。
刻々と色を変えていく葡萄の粒。夜の間にどれほど色づくのだろうか。
涼しい夏でも猛暑の夏でも時期が来れば実った葡萄はヴェレゾンを迎える。
夜の静けさの中で着々とヴェレゾンが進み、翌日にはまるで別人のように変身していく。
それは見事に。暗闇の中で色づいていく葡萄の実は夜露に冷やされ地熱をもらい発酵するかのように、自然の摂理のように色づいていく。私も少しづつ色づいていけたら、と。