十三代今右衛門『色絵吹墨草花文大鉢』

【作 家】十三代今右衛門
【作品名】色絵吹墨草花文大鉢
【技 法】磁器
【サイズ】径35.0㎝

十三代今右衛門は、伝統的な伊万里様式や鍋島様式を伝承しつつも、新たな技法に挑戦し、完成させたのが吹墨技法です。
この技法により人間国宝(個人)の認定を受けました。

作品はベースとなる色鍋島の大皿に吹墨をほどこし、表現した十三代の代表的な大作。

1926年(大正15年12代今右衛門の長男に生まれる
1949年(昭和24年)東京美術学校(現芸大美術部)工芸科卒業
1957年(昭和32年)日展入選(~1959年)
1968年(昭和43年)京都国立近代美術館にて「色絵笹輪文鉢」買い上げ
1975年(昭和50年)12代死去により 13代今右衛門を襲名
1976年(昭和51年)日本陶磁協会賞を受賞「色鍋島今右衛門技術保存会」を改組し代表となる、文化庁より重要無形文化財の総合指定を受ける
1981年(昭和56年)日本陶芸展最優秀作品賞(秩父宮賜杯)受賞
1986年(昭和61年)紫綬褒章 
1989年(平成元年)重要無形文化財個人指定(人間国宝)
1999年(平成11年)勲四等旭日小綬章受章
2001年(平成13年)10月13日死去